SSブログ

デュラララ!! #12 「有無相生」 レビュー キャプ [アニメ]

durarara0327_top.jpg

「セルティを返せ」と帝人に襲いかかってきた誠二、帝人は
避けられずそのまま誠二のメスが帝人に突き刺さった・・かと思ったら
帝人の前にセルティが立ち塞がり、誠二はセルティにメスを突き刺していた。
誠二はセルティと呼ぶ首に傷がある女への愛を語り、セルティは誠二に
応戦し、巨大な鎌を取り出し、誠二に斬りかかろうとする。すると、そこへ
首に傷のある女が現れ立ち塞がり誠二を庇った。女は誠二の事を
庇い立てる。

セルティは自分の首によく似た女を目の前にして気付く

違う これは私の首ではない

そして帝人もほぼ同時に気付く・・

この娘はデュラハンの首じゃない・・この子の名前は・・

「張間美香さん?」

後は続きからどうぞ



「そうなんでしょう?あなたは矢霧君に殺されたはずの
 張間美香さんなんでしょう?」

そう問い掛ける帝人の言葉に、矢霧誠二は愕然とする。自分のストーカー
だった張間美香は部屋に勝手に入り込んだ時にセルティの首を見てしまい
壁に叩きつけて殺したはずだ。誠二が嘘だろ?と女に言うと、女は
すさまじい勢いで謝りだす。張間美香は死んでいなかったのだ。後始末に
誠二の部屋を訪れた波江は美香を治療した後、美香の意思を聞き、
誠二が好きになるはずの顔に美香を作り替えたのだった。手術したのは
新羅。新羅は手術が終わった後、「君の名前はセルティだ。それが
首の名前だからね」と美香に言い、波江は完璧を期すために美香の記憶を
消そうとしたが美香は誠二の事を忘れたくなくて研究所を逃げ出したのだった。

波江の行動は、溺愛する弟を「首」から少しでも引き離す為だったと思われる。

話を聞いたセルティは、美香を手術した医者が新羅である事に気付く。
新羅は最初から、セルティがずっと探していた首の居場所を知っていた・・
セルティはバイクに飛び乗り、すぐにその場から走り去り新羅の元へ向かった。

durarara0327_m1.jpg
クリックで別ウインドウ原寸大表示

真実を知り放心している誠二の背後に臨也が近付く
「ま、君は本物と偽物の区別すらつけられなかったわけでw
 あんたの愛はその程度って事だね。ご苦労さん」

臨也の言葉で心が折れた誠二はその場に膝から崩れ落ちる。そんな誠二に
駆け寄る張間美香。それを見て、帝人は誠二と美香を気遣いフォローを
入れるのであったw

新羅のマンションに戻ったセルティは新羅に掴みかかる。新羅はセルティが
言わんとしている言葉を代弁し、自分の父がセルティの首を盗んだ犯人かは
解らないと告げ、美香の整形は美香自身が希望した事であるし、詳しい
事情に関しては知ったことじゃないと言う。手にとるようにセルティの
言いたい事がわかる新羅は20年間もずっとセルティの事が好きだったんだから
これぐらいの事は解ると言う。

首のありかを黙っていた理由・・・
それは新羅がセルティの事を好きだからだった。首を手に入れたら、セルティは
きっとどこかに行ってしまう・・そう思っていた新羅は最大限の努力をして
セルティに首の事を諦めさせようと、張間美香も利用したのだ。あまりにも
はっきりしたセルティへの愛を表す新羅の言葉にセルティは気勢をそがれる。
首が戻っても、新羅の元を離れる気はない・・というセルティだが、それは
わからないと新羅は言う。

セルティが首を探していた理由・・・
それは死への恐れ。首がないセルティの体には「死」を司る核が存在していない。
考えられる事は一つ、首こそがその「核」であり、もし、セルティが知らない
所で、首が破壊されれば、自分は死んでしまうのではないか?とセルティは
ずっと思っていたのだ。だから、自分で自分の死を管理したい・・そんな
理由でずっと首を探していたのだ。

セルティが自分が首を探していた理由を新羅に信じるか?と聞くと新羅は
「言っただろ。 俺は君しか信じない」

セルティは新羅に一発殴らせろと言い、新羅は何の迷いもなくそれを了承し、
セルティも躊躇わずに新羅の顔面を殴り抜く。今度は殴られた新羅が
一発殴らせろと言う。新羅は力の無い拳でセルティのヘルメットを殴り飛ばす。
セルティのヘルメットは取れ、床に転がる。

「ほらな、セルティは素顔が一番綺麗だ」

新羅はセルティを抱き寄せ囁く。

「今のパンチは、誓いの口づけの代わり、な」

その言葉を聞くとセルティは新羅の腹にパンチを入れる。2人は抱き合ったまま
ソファに倒れ込み、「泣いてるの?」という新羅の言葉に、セルティは新羅に
体を埋めながらキーボードに言葉を打ち込む。

「お前は本当にバカだ」

durarara0327_m2.jpg
クリックで別ウインドウ原寸大表示

「しかし凄いよなあ」
ダラーズ祭りの後の街を見て呟く臨也は話しかける門田をドタチンと呼ぶ。
セルティの首がない姿を生で見た遊馬崎達は興奮冷めやらずだったが、
臨也から、その首なしライダーもダラーズのメンバーだと聞いてもっと驚く。
その場から離れた臨也は、帝人に話しかける。
突然の集会にあれだけの人間が集まった事を「人間とは本当に想像以上だねぇ」と
言う臨也。

日常からの脱却を夢見て、非日常に足を突っ込んだとしても、すぐに
それが「日常」になってしまう。本当に日常から脱却したければ目指すものが
上だろうが下だろうが常に進化を続けるしかない。

臨也は帝人に敬意を表して、矢霧波江の電話番号のネタは特別にタダにして
やると言い、帝人がダラーズの創始者だという情報も売らないでおいてやると
言うと、静雄に見つかった為に、その場から立ち去る。そして、途中で帝人に
「じゃ、頑張れよ、田中太郎君!」
と言って去っていった。

どうして自分があのチャットで使っているハンドルネームを? そういえば
臨也は門田の事をドタチンと・・池袋やダラーズに関する様々な情報を
知っていたチャット仲間・・ 臨也=甘楽 という図式ができあがり驚く帝人だった。

南池袋公園では張間美香と矢霧誠二が2人でいた。矢霧誠二は美香の事は
愛していないが、美香を見ている限り、自分がセルティへの愛を決して
忘れる事は無いので、いつか、自分がセルティを取り戻すまでは美香の愛を
受け入れると言う・・そして美香はそんな誠二に寄り添うのであった。

チャットルーム

--田中太郎さんが入室しました

田中太郎:こんばんわ
セットン:ばんわ~。待機してました
田中太郎:どうもです。
田中太郎:今日は眠いんで早めに退散させてもらいます
セットン:あー、寝不足?徹夜でもしました?
田中太郎:ええ、ちょっと
セットン:甘楽さんはまだみたいですね
田中太郎:甘楽さんは・・・
田中太郎:来るんですかね
セットン:あ、何か急用が入ってしまったみたいです
田中太郎:あ、そうですか
セットン:すいません、お先に失礼します
田中太郎:お疲れさまで~す

--セットンさんが退室しました

用事でチャットをやめたセットン(セルティ)は新羅から急な仕事の用件のメモを
渡される。

夜の街を走るセルティには充実感が満ち溢れていた。

私はここにいる
あなたはそこにいる
私があなたの救いなら、貴方は私の救いだ



学校。昼休み。帝人がボーっと席について外を見ていると、矢霧誠二が張間美香を
ともなって登校してきた。誠二は帝人の席まで歩みよると「悪かったな
色々と」と言い、美香は「ありがとね」と告げ、自分達の席に向かう。

進化し続けるしかないという臨也の言葉に従ったかどうかはよくわからないが
帝人は教室を出て行った杏里の後を追って、屋上へ向かう。ネット上では
誰にでも簡単に声がかけられるのに、日常の中で望みを叶えるのは難しい。
同じクラスの女子を遊びに誘う事がこれほど勇気のいる事だとは・・w



首は臨也の所にあった。臨也はデュラハンに関して、独自の論理を延べ、
セルティの首は地上に堕ちた死の天使だと言う。首が生きているのに
目を覚まさないのは、ここが戦場じゃないから・・

「この首はダラーズの一員として俺が預かる。灯台下暗し
 まさかセルティも自分の首が自分の所属する組織にあるなんて思わないだろうね」

臨也は波江をダラーズに誘う。帝人が創始者だが、途中からダラーズに人を
集め始めたのは臨也・・。

「地上に堕ちた天使を 俺達の手で羽ばたかせてやろうじゃないか?ねえ?」

-------------------------

面白かったですね~ 新羅とセルティの関係が微笑ましいこと・・。
セルティはこれで、首を諦めた?のでしょうか。っていうか、首が臨也の所に
行っちゃったのはどう考えてもなんかよくない感じがしますよね。波江は
なんで臨也の所へ首を持っていったのか・・?っていう部分がほとんど
描かれていないので、ちょっと不思議になりますよね。ネブラとの吸収合併に
よりネブラはデュラハンの首をよこせと言ってきて、波江は会社に二度と
戻らない覚悟をして首を持ち出し、臨也を頼ってきたという感じですね。

波江に独自論を展開する臨也がかっこいいけど、なんか狂気に満ちていて、
面白かった。なんなんだろうねこの魅力は。私にとって、デュラララで最も
記憶に残るのは間違いなく臨也ですね。
それに比べて、ダラーズ絡みでちょっと目立ってた帝人君は、イマイチ
記憶に残らないw これって、バッカーノでフィーロが記憶に残らず
ラッドとか、グラハム・スペクターとか、クレア・スタンフィールドの方が
記憶に残るのと同じ現象なのかな? 
にしても臨也って、人LOVEな割りに、自分自身は人間くささみたいのが
一切ないですよねw

次回から新展開ですね。

前回までのレビューは以下からどうぞ
#01 「開口一番」
#02 「一虚一実」
#03 「跳梁跋扈」
#04 「形影相弔」
#05 「羊頭狗肉」
#06 「東奔西走」
#07 「国士無双」
#08 「南柯之夢」
#09 「依依恋恋」
#10 「空前絶後」
#11 「疾風怒濤」

durarara0327_next.jpg


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(45) 
共通テーマ:アニメ

nice! 3

So-netブログからトラックバック機能が消失してしまったので、いつもトラックバックでお世話になっていたサイト様を相互RSSに登録しております。

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 45

トラックバックの受付は締め切りました

漫画・アニメアンテナ