So-net無料ブログ作成

黒執事II 第4話 テロ執事 レビュー キャプ [アニメ]

kuroshituji0724_top.jpg
クリックで別ウインドウ原寸大表示

今回は再び女王様の命で、アクロイド卿の一人息子誘拐事件の
解決の為に、アクロイド卿が身代金を受け渡す列車に乗りこんだ
シエルとセバスチャン。

犯人はこの列車に必ず乗り込んでいるはず、その犯人を捕らえて
人質を無事解放する・・それが女王陛下の憂いを取り除く
唯一の手段だ と言うシエル

御意

列車には怪しさ満点の人々が多数乗り込んでいる。
エジプトでミイラの発掘をしている考古学者、留学中の息子に会いに
来た日本人の老夫婦、鉄ヲタ(時刻表系?)、入れ墨が目立つ
神父等・・・いったい誰が犯人なのか、シエル達は調査を開始する。

後は続きからどうぞ


ぶっちゃけ、列車内で誰が犯人なのかとか、どうでもいいんです。
重要なのは、セバスチャン達がどう活躍するか、そして、この
事件を通してもっと重要な核への伏線がどこにあるのかとか
そういうのですよね。
まあ、それでも、犯人捜しが始まります。

一般客達が多数居る車両へ行くと、怪しい人々が沢山。
その中にはなんと、前に殉職したフレッド・アバーライン
警部補の双子の兄、エドワード・アバーラインも重要犯罪人の
護送の為に乗り合わせていた。やっぱり、シエル、
アバーラインの事覚えてないようだよ。シエルの目の前でシエル
庇って劉に刺されてシエルに看取られて死んだのに・・

kuroshituji0724_1.jpg
こんなだったのに忘れられてるアバーライン涙目w

やっぱ1期で起きた出来事に関して記憶がないんでしょうかね。
余談ですけど、あの回で、シエルがセバスチャンにビンタするシーン、
凄く好きなんですよねw

kuroshituji0724_m1.jpg
クリックで別ウインドウ原寸大表示

アバーライン兄はシエル達と一緒に、食堂車で鰻のパイ包みを食べる。
食堂車にはもう1人の客が座って・・ってあれ、クロードじゃないかw
セバスチャンだけはクロードに気付いているようだけど、今は
完全スルー。 

食堂車から戻ると、ある男とすれ違うセバスチャン達。男の手が
傷だらけなのを見たシエルは列車に乗り込む前、ミイラを運んでいる
最中に手をケガした駅員を思い出す。駅員だった男が今度は
旅行者として列車に乗り込んでいる・・犯人はこの男だ!
てなわけで、男の腕をつかみ呼び止めるシエル。男は逃げ、
後ろの車両へ移動し、列車を切り離す。後ろの車両で身代金の
受け渡しが行われるからだ。 切り離された列車に、シエルの命で
飛び乗ったセバスチャンは、鮮やかに犯人を倒し、これで
一件落着だと思われたが、なんと犯人は、シエル達が乗る列車に
爆弾をしかけていた。列車が止まれば爆発するということで
次ぎの駅まで後10分足らず、セバスチャンは猛スピードで
シエル達の列車に戻る。

シエルは列車の中に隠されていた、人質を発見。人質はミイラの
中に隠されていた。少年を解放しようとしていた時、逃げ出した
凶悪犯(護送中だった人)が今度はシエルを人質にする。
犯人は列車を止めろと要求、でも列車を止めれば列車は爆発
してしまう、その上、列車がこのまま進めば壊れている鉄橋を
通って列車が谷底に落ちてしまう・・その他、コレラ?とか
もう、超危機的状況のオンパレード。しかし、そんなのを
一瞬で解決してしまうのが、セバスチャン。

さっさとこの状況をなんとかしろ セバスチャン
命令だ!

イエス マイロード

kuroshituji0724_m2.jpg
クリックで別ウインドウ原寸大表示

走る列車の上にシエルを抱えて逃げた凶悪犯。セバスチャンもすぐに
屋根に登り、犯人にセバスチャンを返せと迫る。すると、ちょっと
先に石でできたトンネルがあり、このまま立っていれば激突してしまうと
いうのが犯人側からは見える。犯人( ̄ー ̄)ニヤリ が・・しかし・・

セバスチャン・・・硬い!!!
硬すぎるよ!!!

石のトンネルっていうか、橋みたいのにぶつかったセバスチャンは
壊れなかったが、石の橋の方が大破したww 超びっくりの凶悪犯は
動けなくなり、そのまま、セバスチャンにどこか遠くへ投げ飛ばされる。
あとは爆弾の処理だけだが、爆弾をちまちまと処理なんかせず
爆弾がしかけられた屋根ごと列車からはがし取り、投げるセバスチャン。
爆弾は上空で屋根ごと爆発し、これも一件落着。はがし取った屋根は
食堂車の車両で、その食堂車にはまだクロードが・・。

そして、最後の仕上げは、列車を鉄橋から落ちる前に止める事。
セバスチャンは走る列車の前に立ち、列車を止める。けっこうギリギリで
列車がやっと停車・・。ギリギリだったなというシエルに・・

ファントムハイヴ家の執事たるもの
この程度の危機的フルコース
料理できずにどうします?

と答えるセバスチャンw キャ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

これで事件はすべて解決・・クロードは自らセバスチャンに
トランシー家からの招待状を渡す。
それはなんとトランシー家で行われる舞踏会の招待状だった!

-------------------

今回も色々面白かったです。まあ、ほんと、いつもの黒執事って
感じでw アバーラインがよかったですね、彼もそのうち殉職
してしまったりするんでしょうか・・いや、兄の方は死んで
欲しくないなあ・・。シエルがアバーライン弟の事を思い出す
日とかって来るのかな? 

列車の中のゴタゴタとか、マジけっこう、どうでもいいよね。
そこらへんも含めていつもの黒執事って感じなのかw

で、クロード自ら、トランシーへの招待状渡してきたよ。
しかも、予告には、ソーマとアグニとかも出てなかった?
シエル、彼等の事は覚えているんだろうか・・彼等の事を
覚えているか否かはけっこう重要よね。

あと、今、発売中の月刊Gファンタジーには、この第4話の
アフレコレポートの漫画とかも載っています。第4話見た後に
また読むと、また面白いですね~☆ なるほどね・・といった感じで。

前回までのレビューは以下からどうぞ
第1話 クロ執事
第2話 単執事
第3話 女郎執事

kuroshituji0724_next.jpg
次回「狼煙執事」 

nice!(8)  コメント(1)  トラックバック(34) 

nice! 8

So-netブログからトラックバック機能が消失してしまったので、いつもトラックバックでお世話になっていたサイト様を相互RSSに登録しております。

コメント 1

カルディア

このノリ、面白かったですねw
乗客の能力が活かされる!と思いきや、すべてセバスチャンで解決という
全部を崩してしまう展開。他の作品じゃ味わえない楽しさですよw

by カルディア (2010-07-26 03:02) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 34

トラックバックの受付は締め切りました

漫画・アニメアンテナ