SSブログ

新作アニメ 輪るピングドラム 1st STATION 運命のベルが鳴る レビュー [アニメ]

pingu0709_top2.jpg

僕は運命って言葉が嫌いだ。
生まれ、出会い、別れ、成功と失敗、人生の幸不幸…
それらがあらかじめ運命によって決められているのなら
僕達は何のために生まれてくるんだろう。

裕福な家庭に生まれる人、美しい母親から生まれる人、
飢餓や戦争のまっただ中で生まれる人…
それらが全て運命だとすれば、神様ってヤツは
とんでもなく理不尽で残酷だ。

あの時から僕達には未来なんて無く、ただきっと
何者にもなれないってことだけははっきりしてたんだから。

アバンのこのモノローグのようなものは高倉晶馬役の
木村良平によるものだった。映像は妹の高倉陽毬がベッドで
寝ている姿に星がキラキラ~っという感じのメルヘン映像。
オープニング映像いいね~ 歌はやくしまるえつこ!
ものすごく期待していたアニメの出だしは上々すぎる。
ワクワクが止まらない!

後は続きからどうぞ


両親はすでにいなく、兄妹だけで暮らしている高倉家
双子の冠葉と晶馬、そしてその妹・陽毬。幸せそうな朝の
食卓風景。双子の兄は妹の陽毬が大好きな事が節々から
伝わってくる。会話から、陽毬は長い間入院していた事が
伺える。久しぶりの兄の作るおみそ汁が嬉しいと微笑む
陽毬が可愛い。本当に楽しそうな食卓なのだが、ふと晶馬の
顔が曇る。

回想
晶馬の回想 東鴎病院 診察室内
兄弟が医者から受けた悲しい宣告。
運命だとしたらそれはあんまりじゃないか


担当医の鷲塚医師から陽毬の余命宣告される冠葉と晶馬。
陽毬の余命はよくもって数ヶ月、妹を助けてくれと必死になって
鷲塚医師にすがりつき、土下座をする冠葉だが「医者は神様じゃ
ないんだよ」と言われてしまう。晶馬は目に涙を溜めながら
必死で堪える。冠葉「神様なんて…いないんだろ」


高倉家の前を歩いていた子供の会話…
だからさ、林檎は宇宙そのものなんだよ。
掌に乗る宇宙。この世界とあっちの世界を繋ぐものだよ。
カンパネルラや他の乗客が向かってる世界だよ
つまり、林檎は愛による死を自ら選択した者へのご褒美でもあるんだよ。

でも、死んだら全部おしまいじゃん?

お終いじゃないよ。むしろ、そこから始まるって賢治は言いたいんだ。
愛の話なんだよ。なんでわかんないかな?

けっこう小さな子供が宮沢賢治の銀河鉄道の夜について
こんなにしっかり考察するとはw 掌に乗る宇宙(林檎)
そういえばOPの中で掌に林檎が乗るシーンがあったなあ…
pingu0709_2.jpg
この子供達の会話も銀河鉄道の夜も物語関係しているっぽい

陽毬は、冠葉と晶馬に、「幸せだね」と言う。陽毬にとって、
をして冠葉や晶馬にとっても、3人が一緒にいるのがなによりも
幸せな瞬間なのだねえ…。陽毬は「あの水族館、まだペンギン
いるかな?」と水族館へ行きたいと言い出す。
そんなわけで3人で水族館へ向かう事に。

pingu0709_m1.jpg

3人の住んでいる場所は荻窪、そこから丸の内線で池袋の
サンシャイン国際水族館へ向かう。実際のサンシャインの水族館は
まだ閉園中らしいけど、もうすぐリニューアルオープン。
3人でペンギンを似ていると、冠葉の携帯には女子から電話が。
どうやら、冠葉は女の子にモテるのか、女にだらしない?らしい。
冠葉がいない間、家族連れを陽毬が見ているのが、なんかちょっと
やるせなくなったのか、晶馬は陽毬を連れてお土産を買いにいく…

えっ…

陽毬と晶馬が歩いていく姿を…

pingu0709_3.jpg
ゴミ箱の中から、何かが見てるぅぅぅ!!

pingu0709_4.jpg
(゚Д゚)ぺ、ペンギン!?
なんかサントリーのペンギンズバーのペンギンみたいのがww
キュッキュッキュって鳴いてたよ!w
しかも、晶馬が気配を感じて振り返ったら、隠れたよ

お土産屋で、ペンギンの帽子を見つけた、陽毬が、その帽子を
被ると、「キモ可愛い!」と大喜びの晶馬。その帽子を買って
あげる事にし、会計をしていると、冠葉が現れる。陽毬の姿はなく
どこに行ったんだ?と二人がキョロキョロしてると、どこからか
女の子が倒れたという声が聞こえてくる。二人はすぐにその場所に
駆けつけ、救急車で陽毬は病院へ運ばれ、処置が行われるが
あれよあれよという間に容態は最悪の方向へ向かい…

冠ちゃん、晶ちゃん… さようなら

息を引き取ってしまった…


なんてこったい…陽毬が死んでしまった。
余命宣告されていたとはいえ、あまりにも急に逝ってしまった為に
遺体安置室で泣く晶馬。冠葉は、これが陽毬の運命だったんだと言う。
冠葉のなにか諦めたような冷たい態度に、晶馬が掴みかかると
冠葉は「多分、それが俺達に科せられた罰だからさ」と言う。
それを聞いてハッとなる晶馬。罰って…なんの罰なんだろうか?

しかし、次ぎの瞬間、とんでもない事が…!

pingu0709_5.jpg

生存戦略という叫び声を陽毬があげて…

pingu0709_6.jpg
起きあがってるぅぅぅぅ!!

しかも、何かに取り憑かれているような様子…

pingu0709_16.jpg
喜べ、妾はこの娘の余命をいささか延ばしてやることにした。
もし、このまま、この娘を生かしておきたくば…

ここまで言ったところで、被っていたペンギンの帽子が脱げ
陽毬は元に戻る。とにかく、陽毬が生き返った、晶馬も冠葉も
陽毬に抱き付き大喜び。陽毬の横に落ちているペンギンの帽子を
じっと見つめる冠葉。


そんなわけで、高倉家に3人の日常が戻ってきた!
いつものように3人で朝食の食卓を囲む。なんて幸せな光景…
なんか、陽毬はすっかり元気になったようだ。そんな陽毬を
見て晶馬は嬉しそうな笑みを浮かべる…。

回想
晶馬の回想 東鴎病院 診察室内
驚きの鷲塚先生。彼はその医療人生で最も驚くべき現象を目撃した。

ほんと、よかったね…でも、気になるのは、あのペンギンの帽子…

宅配便で大きなダンボール箱が届く。ダンボール箱にPingroup Inc.
というマークが入っているけど…

-15度以下で保存のクール便、箱を開けると
pingu0709_7.jpg
(゚д゚)! こ、コレは… あのペンギンちゃん達じゃ…ww

カッチカチに凍っているので、何が入っているのかよくわからないが
ここで晶馬は学校へ。あれ、冠葉は学校へ行かないのか? 陽毬が
心配だから、片方が家に残る事にしているのかしらん。

晶馬達が通う高校は新宿御苑前にあるのか。それにしても、
高倉家が荻窪にあるからか、丸の内線しか出ないなw 
丸の内線がこれだけ物語に関わっている理由も実はあったりするのかな?

学校の先生…の声が石田彰。石田彰を起用しているってことは
この先、この先生はそれなりに、物語に関わっているという事なのか?

学校の後、晶馬が友達と商店街で騒いでいると、
櫻花御苑女子高等学校の女子が振り返る。
pingu0709_8.jpg
この子がもう一人のヒロインかね?

新宿御苑前駅で定期を体育で着替えた時に置いてきてしまった
事に気付く晶馬。ロッカーにまで取りに行かねば…という時…
トントンと足下を叩かれる晶馬、足下を見ると…

ペンギンが!
pingu0709_9.jpg
(゚Д゚)!! 

か、かわええええええええ

pingu0709_10.jpg
きゅっって言って定期渡したよぉぉぉ!!

そして、気付くとペンギンはいなくなっていた。

荻窪に戻ってスーパーに行くと、キャベツが売り切れていた。
pingu0709_11.jpg
また出たぁぁぁww

スーパーから出ると雨が降っていた…
pingu0709_12.jpg
またまた出たぁぁぁぁ

行く先々で困る事があると現れるペンギン。近くを歩いていた
親子に、「このペンギンなんなんでしょうね?」と聞いて、
初めて、ペンギンが自分にしか見えていない事に気付いた晶馬は
逃げる。 が、ペンギンは後ろから猛スピードで追いかけてくるので
急いで家の中に逃げ込む。ところが… 家の中の光景は…

pingu0709_13.jpg
切ってるぅぅぅ!!

pingu0709_14.jpg
編んでるぅぅぅ!!

宅配の荷物を解凍したら、この3体のペンギンだったそうな。
言っている事もわかるようなので、非常に便利らしい。いや、
便利とかそういう問題の前に、どうなってんのよw
そして、ペンギンちゃん達の姿は晶馬、冠葉、陽毬以外の人には
見えないという。

どうなってんのよ~~と、思ったら陽毬があの帽子が被ってるw

生存戦略キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

なんか、もう、口では説明できないすごい空間に突然イン。
音楽がなんか凄いんだけど、「ROCK OVER JAPAN」という
ARBのカバー曲らしい。ARB懐かしいな~~~~
私は彼等の「AFTER '45」という曲が大好きです。
絢爛豪華な謎の空間で、すごい格好になったペンギン帽子を
被った陽毬は言う。この場合、陽毬じゃないんだよな、陽毬に
乗り移った誰か… プリンセス…

ピングドラムを手に入れるのだ

なんでも、今、陽毬は一時的に命を長らえている状態なので、その
命の代償を頂くと陽毬に乗り移っているプリンセスは言い出す。

生存戦略しましょうか?

そう言うと、冠葉の胸に手をつっこっみ、何かを取り出す??
ようなシルエットが。いったい何が起きているんだ…
カオス…? しかし、面白い。この勢い、音楽、画、すべてが
最高にいい感じですよ。

pingu0709_m2.jpg

そしてその夜…

アバンでは晶馬のモノローグだったが、締めくくりは冠葉の
モノローグ。

人は何のために生まれるのか。
あくせく毎日を過ごすためだけに人が創られたのだとしたら
それは何かの罰なのか それとも、皮肉なジョークなのか…
そんなんじゃ遺伝子にプログラムされた生存戦略に忠実な
動物の方がよっぽどシンプルで美しい。

もしこの世界に神様と呼べるものがいるのなら、そいつに
一つだけ聞きたい。人の世界に、運命は本当にあるのか…? 

もし人が運命を無視して、本能も遺伝子の命令も無視して
誰かを愛したとしたら… 神様、そいつは、本当に人なのか? 

なんてな… 

pingu0709_15.jpg
えっっ 冠葉、陽毬にキスしてるよ…

俺は、運命って言葉が嫌いだ。

ん?ラストの言葉、同じ事を晶馬も言ってたな。


初回はこんな感じでした。
いやー、すごくすごく、面白かった。もうその一言につきる。
いきなり陽毬が亡くなって、どうなっちゃうかと思ったら
すぐに生き返って、しかも、なんか謎展開、ペンギンの帽子を
被るとなんか別人格が出てくる?? そして、極めつけは
あのペンギン達ですね。晶馬に「きゅっ」と鳴いて、定期、
キャベツ、傘を渡すシーンの可愛さったらなかった。あと、
逃げる晶馬を追いかけるシーンの動きとか、もうあまりにも
可愛くて、キャーキャー言いながら見てしまった。
家に帰った後に、他の2匹が馴染んでいるのも良かったわー。

生存戦略?ピングドラム? そこらへんの意味はまだよく
わかりませんが、全24話ですし、ゆっくり楽しめそうでほんと
ワクワクします。

あの謎の空間に入った時は凄かったですね、音楽と映像が
素晴らしくマッチしていて、感動しました。 幾原邦彦ならではと
いう感じが出まくっていた。画といえば、星野リリィのキャラ原案
作品の雰囲気にぴったりじゃないですかっ あと、画面全体の
色彩みたいのが、なんともいい感じだった…。

いやーほんと、いいアニメ始まった。毎回、驚かせてくれそう!

スタッフ
原作:イクニチャウダー
原案・監督:幾原邦彦
キャラクター原案:星野リリィ
シリーズ構成・脚本:幾原邦彦、伊神貴世
キャラクターデザイン:西位輝実
コンセプトデザイン:中村章子、柴田勝紀
色彩設計:辻田邦夫
美術:秋山健太郎、中村千恵子
アイコンデザイン:越阪部ワタル
編集:西山茂
音響監督:幾原邦彦、山田陽
音響効果:三井友和
音楽:橋本由香利
音楽制作:スターチャイルドレコード
チーフディレクター:中村章子
助監督:山崎みつえ
プロデューサー:池田慎一、丸山博雄
アニメーションプロデューサー:常葉みどり
アニメーション制作:Brain's Base
製作:ピングループ、MBS

オープニングテーマ
「ノルニル」歌:やくしまるえつこメトロオーケストラ
エンディングテーマ
「DEAR FUTURE」歌:coaltar of the deepers

キャスト
高倉晶馬(CV:木村良平)
高倉冠葉(CV:木村昴)
高倉陽毬(CV:荒川美穂)
荻野目苹果(CV:三宅麻理恵)
多蕗桂樹(CV:石田彰)
時籠ゆり(CV:能登麻美子)
夏芽真砂子(CV:堀江由衣)
鷲塚医師(CV:屋良有作)
山下洋介(CV:坂巻亮祐)
藤代万里(CV:山村響)
柏木雪菜(CV:生田善子)

pingu0709_1.jpg


nice!(8)  コメント(1)  トラックバック(8) 
共通テーマ:アニメ

nice! 8

So-netブログからトラックバック機能が消失してしまったので、いつもトラックバックでお世話になっていたサイト様を相互RSSに登録しております。

コメント 1

カルディア

もうね、自分ハマった。
幾原監督待ってましたー!と軽い気持ちだったけれど、予想以上のデキに震えたよ。
それにしてもこのガッツリレビュー、すごすぎw
ゴマさんもかなり気に入ったんだなぁってのが伝わってきますw
ペンギン、かわいいよね~w
自分はこういうノリ好きなんだけど、他の方や広くはどう評価されたんだろうなと
ちょっと不安に思っています。ウケそうな気はしているんですけどね。

by カルディア (2011-07-12 02:34) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 8

トラックバックの受付は締め切りました

漫画・アニメアンテナ