SSブログ

新作アニメ 人類は衰退しました episode.01 妖精さんの、ひみつのこうじょう レビュー [アニメ]

jinrui0703_top.jpg

主人公・わたし国連調停官事務所調停官
人類が衰退し、地球はすでに"妖精さん"のものだったり…
って、妖精さん!? 
現人類が妖精さんで、わたし達は旧人類… 
わたしは、調停官として、現人類である妖精さんと旧人類の
間で発生するトラブルを解決したりしている。

何が起きたのかは知らないが、元々髪の毛が長かったハズの
わたしの髪の毛がベリーショート…本人も非常に気にしている様子。
男の人達はみんなで狩りらしい

みんなで狩りとは食料不足もいよいよ深刻なんでしょうかね~

Σ(゚Д゚;エーッ 食料も不足してるのかい…

で、わたしと何人かの女子がお仕事で集められたわけだが
狩りに行くおじさんが、卵を産まなくなった鶏を全部肉にしてくれ
とか言ってきたw えええっ鶏を…絞めるの!?

後は続きからどうぞ

 

鶏を肉にしてくれと言われたが…

jinrui0703_1.jpg
無理ww

しかし、わたしは調停官の先生と呼ばれる立場、
か弱い女子達の代わりに鶏を絞めなければならなくなる。

もはや逃亡や拒絶が許される雰囲気ではなく
…やるしかない状況は…できあがっていたのです
と、わたしが諦めかけた時、命の危険を察知した鶏が集団脱走。
一匹残らず逃げていってしまった。 
えええ…絞めるのも嫌だけど、逃げちゃうのも…w
なんか複雑な心境になるな。
ということは、お肉がなくなったという事ですから。

鶏たちの生きる権利の代価は人間達の空きっ腹です

(;´Д`)アウウ

男の人達も狩りの収穫がなかったのでお肉が食卓にはない。
祖父はお肉がない事をブーブー言うが、男の人達の狩りの
収穫がゼロな事を女性陣が鶏を逃がした事で相殺したので
お咎めなし。しかし、しわ寄せはあるようで…

夜…
妖精さん達が騒ぎ出す…
jinrui0703_2.jpg
お菓子がないからw

里が物資不足だと妖精さん達に言うと…

以下妖精さん達の会話

「物資ないですかあ~?」
「物資って?」
「色々なものの事です」
「物資ないとどうなるです?」
「飢えて死ぬのだっ」
「その死に方って斬新」
「ひと味違っていいかも」
「オリジナリティあるですぅ」
「流行るかもですぅ!」

妖精さんは、超小さくて可愛らしいがけっこうブラック。
そして、その外見から想像できないほどの超常的な科学技術を
持っているらしい。 とにかく、妖精さんの会話が面白い、あと
妖精さんとわたしの会話も面白い。
とにかく、妖精さんはお菓子が食べたいらしい、でも物資不足
なので作れない、来年なら…?と途方もない事をわたしが言うと
ショックを受ける。 

妖精さん「物質文明の哀れな末路ですか?」

わたし「私達人間はとうの昔に哀れな末路に突入しています。
    もうじき全滅します。」

妖精さん「長生きして~」
妖精さん「諦めないで~」
妖精さん「ずっと一緒でええやないの~」

妖精さん、可愛すぎだろww

数日後…
町に不思議な物資が出回り始める。
ようせい社と書かれた缶詰類、食料不足の今、ありがたい話じゃ
ないですかという感じだが、出所がわからない物資は若干不安。
しかし、町は物資が急に増えた為に物々交換の活気を取り戻していた。

jinrui0703_m1.jpg

私のDPあといくつ?
DP…デリカシーポイント 
町に出ると、DPがなくなりおばちゃんを発症させたおばちゃんの
集団が、わたしの髪型の事を色々と言ってくる。すんごく気にしている
所をつかれて落ち込むわたし。路地裏で暗くなっていると助手さんが
現れる。助手さん…一言も喋らないのね、キャスティングもされてないし
このキャラは喋らないのか。助手さんは町に出回っているようせい社の
物資を沢山もってきていた。そして、その中に…育毛剤が!!
さっそく使ってみる…

jinrui0703_3.jpg
すごい効きめww
いったいどういう成分なの…妖精社

後日、改めて鶏の捜索に。とはいっても何日も前に
逃げた鶏が今更見つかるわけもなく…

行為に意味がなくても何か手を打ちましたという
事実だけが必要なんですよ。落としどころとして。

そんな無駄な事をしてるから人類は衰退したのだろうなw

加工済みの鶏肉現る!!
鶏の捜索中、加工済みの鶏肉が現れる。しかも、動いている。
jinrui0703_4.jpg
ちょっww

しかし、この加工済み鶏肉、なかなかすばしっこく、また
逃がしてしまった… わたしは提案する。

本件は里の人々にはふせる事にしましょう
事実の隠蔽…

誰の仕業かは不明で無用の混乱を引き起こす可能性があります。
印象操作…

家族にも内緒です。情報漏洩で重く罰せられるかもしれないです。
脅迫的誘導…

という具合に女子達に口止め。なんか黒いぞ私。
しかし後日、走るチキンは他の人にも目撃されてしまい写真まで
撮られてしまった。その写真をよく見ると、チキンには
妖精社の焼き印が! 私は助手さんと祖父と3人で妖精社に
事の真相を確かめに行くことにした。

jinrui0703_m2.jpg

妖精社に到着すると… 受付の人間のおじさんが出てきた。
なんか胡散臭いぞ…? っていうか受付のおじさん、表面的な
感じというか、何かがおかしい? ようせい社の工場内で作られている
食品は全部自動作られており、材料は不明…
パン工場の説明の為に現れたロボットは、試食してくれと
自分の身体を引き裂く…

jinrui0703_5.jpg
アンパンマンより酷いw
血に見えるのは、キャロットMIX果汁パンだったから

謎の工場に何が隠されているのか、できれば知らずに
いたいところだが、これも調停官の仕事とわりきる私であった…


初回はこんな感じでした
いやー、面白いねー、ほんわか可愛い人類滅亡! その中に
そこはかとなく漂うブラックユーモア。 中原麻衣の演技が
可愛い、わたしのしゃべり方が可愛すぎる! その上、
ブラックな時が面白すぎる。面白いといえば、妖精さん達の
会話がまた面白い、なんかずっと聞いていたくなるくらい
面白かった。 絵が可愛い分、ダークな部分がキラリと
光る感じだわん! この先、どんな感じでブラックな所が
節々に出てくるのか、楽しみでしょうがない。
現人類である妖精さん、いい人達じゃないのかね、なんか
わたしが妖精さん達に要望を出せば、いくらでも協力
してくれそうな感じがしたんだけど。しかし、あの合成食品は
どうなってるのかわからんが、ちょっと不気味だ…w


STAFF
原作:田中ロミオ(小学館「ガガガ文庫」刊)
原作イラスト:戸部淑
監督:岸誠二
助監督:小坂春女
シリーズ構成:上江洲誠
キャラクターデザイン&総作画監督:坂井久太
プロップデザイン:石本剛啓
アニメーション・ディレクター:伊藤浩二
美術監督:宮越歩、三宅昌和
色彩設計:漆戸幸子
美術デザイン:チーム・ティルドーン
コンポジットディレクター:國重元宏
編集:加藤ひとみ
音響監督:飯田里樹
音楽:大谷幸
音響効果:奥田維城
音響制作:デルファイサウンド
プロデューサー:丸山創、石黒達也、岡村武真、金庭こず恵、櫻井優香
アニメーション・プロデューサー:櫻井崇
制作スタジオ:AIC ASTA
製作:「人類は衰退しました」製作委員会


オープニングテーマ
「リアルワールド」歌:nano.RIPE
エンディングテーマ
「ユメのなかノわたしのユメ」歌:伊藤真澄

キャスト
わたし(CV:中原麻衣)
祖父(CV:石塚運昇)
助手さん
妖精さん(CV:小林由美子)
    (CV:あおきさやか)
    (CV:明坂聡美)
    (CV:ささきのぞみ)
    (CV:金元寿子)
ツギハギさん(CV:中根久美子)
妖精社受付(CV:鶴岡聡)
一斤さん(CV:間宮くるみ)
小屋の主(CV:後藤ヒロキ)

nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(25) 
共通テーマ:アニメ

nice! 5

So-netブログからトラックバック機能が消失してしまったので、いつもトラックバックでお世話になっていたサイト様を相互RSSに登録しております。

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 25

トラックバックの受付は締め切りました

漫画・アニメアンテナ