So-net無料ブログ作成

甲鉄城のカバネリ 第4話 流る血潮 [アニメ]

kabaneri0506_top2.jpg

無名ちゃんのジト目たまらん・・・ 
 
  
 
 
  
 
  
 
  
kabaneri0506_m1.jpg
ちょっとぉおお、妊婦カバネを倒した無名ちゃんが
なんで「なぜ殺した」とか「人殺し」とか言われなきゃいけないの。
こういう話に出てくる無知なモブは必ずこういう事を言うよね~。

周囲におびただしい数のカバネが迫っている事が分かり
甲鉄城は急遽発進する事に。菖蒲に噛みつこうとしていた
生駒は来栖に止められ、なんとか菖蒲に噛みつかずに済んだ。
カバネの襲撃が迫っていると思われるのに、一番の戦力に
なると思われる無名ちゃんと生駒は最後尾車両に閉じ込められてしまった・・。

菖蒲様のボディチェックシーン、何気にエロい。
モブ幹部共が、菖蒲には甲鉄城を任せられないと言って
親鍵を菖蒲から取り上げてしまった。菖蒲がカバネリを乗せるから
とか言われてたけど、いや、カバネリ乗ってるの関係ないだろw
あんな荒野のど真ん中で派手に葬式やって騒いでいたからじゃないの?
モブ幹部はより危険な山越えのルートを金剛閣への近道
だと言ってとることにする。
モブ幹部、もはや馬鹿過ぎで話にならないww



kabaneri0506_m2.jpg
逞生くん、鰍、巣刈の3人が生駒達に居る最後尾車両に押し込められた。
逞生はわかるけど、なんで鰍や巣刈まで?? 
逞生は生駒にツラヌキ筒を持ってきてくれた!!

「無理矢理はやらない事にしてるの~[黒ハート]
血の提供を鰍に笑顔で頼んでくる無名ちゃん。
なんという可愛い笑顔・・鰍ちゃんも思わず赤面しちゃってるじゃん。
こりゃ、鰍は無名ちゃんのファンになるのまったなし! 

外から物音がするかと思ったら、なんとモブ幹部の命令で
生駒達が乗っている最後尾車両を切り離そうとするモブ幹部の
仲間達の姿が。巣刈が文句を言うと、カバネリの味方をする者は人間じゃ
ないとか言って銃まで撃ってきた。だめだこりゃー
「恐がりだなみんな・・・」
無名ちゃんのジト目可愛い。

と、ここで事態が急変。山越えのルートをとったばかりに
トンネルに入る時にトンネルの上から大量のカバネがヒャッハーと
甲鉄城に降りそそいできた。甲鉄城にとりついたカバネの中には
ワザトリという戦を重ねて戦い方を覚え刀を操るカバネが居て
それが車両を切り離そうと外に出ていたモブ共を殺して内部に侵入し
カバネを引き連れ中の人々を襲っていく。
焦ったモブ幹部はダメになった車両をすべて切り離そうとしたが
菖蒲たちは後部の人々を助けに向かう事に。
「後方車両に向かいます!私と共に来れる者は続いてください!」
菖蒲様が先頭をきって戦いに行く姿カッコイイ。
しかも、菖蒲様もホークアイみたいな武器をもってるぅう


kabaneri0506_m3.jpg
「俺達であのワザトリを倒す!」
生駒は整備用ハッチから外に出て移動してワザトリを倒しに行くと言う。

菖蒲様達はバリケードを築き、迫り来るカバネに応戦。
菖蒲様が弓撃つ姿カッコイイぞぉおお 弓も蒸気みたいなので
強化された凄い武器なんだな。
吉備土はカバネリの戦いから、鍛えたサムライなら刀を使った
接近戦が有効だという事が分かっており、それを来栖に勧める。

「あと三つでトンネルが長くきれる所がある」
巣刈君、物知りだな。なんか彼けっこう頼もしい。
生駒達はその瞬間を狙って車両の上からワザトリを目指す事にした。

最前線の菖蒲たち、サムライ一人食われて、自決をした時に
思いっきり火薬って書いてある樽を背にしてやっちゃったんで
火薬樽ごと吹っ飛んで甲鉄城にデカイ穴を開けてしまうという失態。
おっ 刀を持った来栖が戻ってきたぞおお!!

「もしかすると思ったより限界早いかもしれない」
無名ちゃん、活動限界近し。その時は生駒は一人でやらねば
ならないが、生駒は「やるしかないだろ!」と言う。


kabaneri0506_m4.jpg
鰍は無名にみんなの非礼を詫びて、みんなをお願いと言ってきた。
鰍ちゃん、すでに無名ちゃんに惚れてる感ある・・・

戻ってきた来栖は接近戦で次々とカバネを倒していく。
穴からカバネ落とせばいいので意外に穴が役に立ったなw
トンネルが途切れる瞬間がやってきて、無名ちゃん無双キタ――(゚∀゚)――!!
生駒も頑張っているぞ。にしても無名ちゃんの戦い方が
相変わらずスタイリッシュでカッコイイ・・・。
駿城上のカバネはあらかた倒した時、無名ちゃん活動限界きた。
「起きた時、あんたが死体になっていたら、私・・困るからね」
無名ちゃんに後を託された生駒。
動けなくなった無名を落ちないように固定し、彼女を逞生達に任せ
生駒はは一人でワザトリの所へ向かう・・が、生駒にも活動限界が。

来栖はワザトリと対峙し、あと一歩まで追い詰めたがワザトリ君の
心臓が硬すぎて刀が折れてしまい、逆に来栖が刺されてしまった。
活動限界が来ている中、「俺が守る・・・俺が倒す・・」という
気力だけで進み、ついに菖蒲たちがいる車両まで辿り着いた生駒。
「誰でもいい、俺に血をよこしてくれ!俺がソイツを倒す!!」
生駒君、血をくれシャウト。
吉備土は生駒のツラヌキ筒ならカバネを倒せると言う。
すると、菖蒲様が列車の上へ・・・


kabaneri0506_m5.jpg
「生駒!これは契約です、私の血と引き替えに・・
 生駒!戦いなさい!!」
菖蒲様、ずいぶんザックリと自分の腕を斬ったなw
無名ちゃんは可愛い、菖蒲様は美しい。
生駒は菖蒲様の血を飲み一気にパワーアップ
血を飲んでる様子とかの画が美しかった・・・。

「動きが大きすぎだな、全然なってないぜ!!」
パワーアップした生駒はワザトリなんてあっという間に
倒せるレベルだった。ツラヌキ筒はワザトリの心臓を貫き
菖蒲様の音頭で「六根清浄!」の勝ちどきコールを一斉に
あげる人々。何、この六根清浄コールの一体感ww
これ、もしカバネリイベントあったらみんなでやりそう・・・。

ワザトリを倒したとはいえ、犠牲者は沢山出た。
血だらけの車両を掃除しながら手を合わせる無名ちゃん。

「カバネリの二人には甲鉄城に乗っていただきます!」
菖蒲様が権限親鍵を取り戻した。
カバネリへの血の提供は自分が担うという菖蒲様、すると
その場にいた鰍、逞生、巣刈、吉備土、侑那、その他みんなが
自分達も血を提供すると手をあげる。
来栖君まで手をあげてるぅうう!!

前回まで自分はカバネだから殺してくれとか言っていた
生駒君だけど、がんばって生きていく決意をしたようだ。
今回の件で、鰍、逞生、巣刈、吉備土、侑那、来栖、菖蒲、無名
生駒の9人の仲間感がもの凄い勢いで出てきたなw



今回も面白かった。
生駒君が急成長してきた感じだけど、今後どうなっていくのか。

 

甲鉄城のカバネリ 第1話 脅える屍
甲鉄城のカバネリ 第2話 明けぬ夜
甲鉄城のカバネリ 第3話 捧げる祈り


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村




nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(11) 
共通テーマ:アニメ

nice! 4

So-netブログからトラックバック機能が消失してしまったので、いつもトラックバックでお世話になっていたサイト様を相互RSSに登録しております。

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 11

トラックバックの受付は締め切りました

漫画・アニメアンテナ